SNSでの炎上でのデメリット、隠れたメリットとは?

>

SNS炎上でのデメリット

個人のアカウント炎上のデメリット

個人的に始めたSNSで炎上してしまった時のデメリットは、とても厄介な事があります。
炎上パターンとしては、失言による炎上、非常識な行動を動画、画を面白半分で投稿してしまったことによる炎上、誤操作で思ってもみない事を投稿してしまったことによる炎上などです。

特に動画や画像を載せてしまったものが炎上してしまった際には、個人の情報が流出しやすいので、要注意です
顔や撮影した場所などから、匿名でやっていても本名、住んでいる場所、自分だけにとどまらない時は、家族の個人情報も流出してしまう事があります。
いくら遊び半分で投稿した事でも、炎上によって、大変な思いをしてしまいますで、SNSでの投稿する内容については本当に注意が必要かもしれません。









企業や芸能人のSNSが炎上するデメリット

SNSでの炎上が大きくなる確率が高いのは圧倒的に知名度がある企業や芸能人です。
会社のSNSが炎上すると、本当に大変な事です。
会社での炎上の火種は多くがユーザーからの情報によって炎上してしまう事です。
それが事実無根であっても、悪い噂のほうが人は印象深く、記憶に残りやすいので、誤解を解くには、記者会見で公の場に立ち釈明するしか解決策はなかなか無いようです。
記者会見をしたとしても、効果がない場合は会社が存続の危機に追いやられることもあるのです。

そして芸能人のように圧倒的な知名度がある人の炎上で最も悪質なのは、本人になりすまして、SNSのアカウントを作成し、不謹慎な発言をしてわざと炎上させてしまう事です。
この場合は、本人には全く落ち度がなくても、起きてしまう炎上なので気を付けようがないのが現実です。