SNSでの炎上でのデメリット、隠れたメリットとは?

>

SNSの特徴から生まれた炎上

SNS炎上の定義とは

特定の対象者が投稿した内容に対して、それを見た人が問題視し爆発的な速さで拡散されて、正当な事を言って、間違いを指摘したり、中には内容とは全く関係ない事や誹謗中傷、非難の声などが、一時的に集中してしまう事を言います。
何の気なしに投稿したコメントが、大きな騒動となり、エスカレートすると、警察が動く事件にまで発展してしまう事もあります。

炎上を止めようといくら本人が投稿を消したとしても、拡散してからでは、もう遅いのです。
自分が思っている異常に拡散は早く広がり、削除依頼を出しても、皆がそれを受け入れるかと言ったら、無理に等しいでしょう。
なるべく過激的な発言は控えて、自分の身を守ることは必要と言えるでしょう。

SNSの性質とは

SNS炎上の性質として、新聞や雑誌とは違いリアルタイムで起きた事を投稿できるので、投稿したいと思った内容を誤解して、自分で勝手に解釈し、間違った内容を載せてしまう事で炎上することが本当に多いです。
正しいとらえ方ならわかりますが、全くの筋違いだった場合、批判的なコメントがきてしまうのは、無理もありません。
それを未然に防ぐには、すぐに自分の感情を投稿しない事や、威圧的な事をなるべく投稿しない事です。

そしてSNSの炎上はネットユーザー、一般人の感情の変化で一気に炎上してしまう事が多いため、先に予測するのが難しいと言われています。
あくまでも、ソーシャル上の主役は一般のユーザーなので企業の考え方や、自分の考え方が全て通用するとは限らないのです。